BEST 彼女は猫

涼春風

♡ 1

第1話から読む

社会人生活にも慣れて、日々の生活を怠惰に過ごす「私」。
深夜に煙草を買いに行くときにだけ出会う女性。名前も知らない女性のことを「私」は、「猫」と呼んだ。
互いに名前を告げない関係の2人。ある日の深夜、同じようにコンビニに行くと「猫」は「私」に告げる。
――3日後に死ぬことにしたから、と。