この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,167

歩子

いつもありがとうございます。
 
ふとカレンダーを見ると、連載が始まってから半年が経過したことに気がつきました。
学生のころ、娯楽のない田舎の町で、お話を作ることが好きでした。
友達に読書好きの子はひとりもいなくて、
誰にも見られることのない世界をこっそり構築していました。
そんな私がまさか、こうやって連載させていただくことになるとは。
お声をかけてくださった編集者の方と、応援してくださる読者の方には
感謝してもしきれません。
初心を忘れないように、精進してまいります。
 
来週も読んでくださると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ