この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

590

北海ジョージ

どうも北海です。皆様とまたお会いできましたことを嬉しく思います。
今回のお話を一言で言うと『蛙の子は蛙』ですかね。
私の父親もねえ、ちょっと特殊なお仕事の人でしたから、まあ私もこういうお仕事をさせていただいておりますよ。
やはり影響というのは受けるものですねえ……それではまた!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ