この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,004

藤春都

というわけでクリスマス編その5です。本文を書いてみて吹き出しの色がダダ被りで愕然としたのですが、最終回目前の今となってはもはや手遅れでした……読みづらくて申し訳ありません。(汗)
 
『汗血千里駒』は龍馬ものの原型となった作品(司馬作品などもこれを下敷きにしている)で、わかりやすい現代語版がオススメです。ただし中岡慎太郎の出番は少ない……執筆当時はまだ関係者も存命だったはずなのになぜだ。(汗)『燃えよ剣』は言わずと知れた名作。
あとゆかりが夫と娘に触れていますが、紫式部の娘(大弐三位)は貴公子と浮き名を流してから金持ちの受領と結婚、さらに天皇の乳母になるという超リア充人生だったので、ママも安心である。(笑)
 
そしてオススメ・コメントありがとうございます! 光秀の顔文字チョイスはだいぶ悩んだところなので、ウケていただいて嬉しいです。自分では使ったことないですがお茶AA。(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ