この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,181

黛カンナ

今回は完全に杏視点で、彼女の思い出深い出来事をダイジェスト風にお送りいたしました。椿はこの頃はまだ黒髪で亜蓮は完全銀髪です。
椿から見た『家族の姿』と杏から見た『家族の姿』は違います。椿はその価値観に気づいてますが、杏は気づいてません。
次は椿視点です。

テストの対応策として、テスト中に大量のGを解き放つか黒板を盗めば完璧じゃね?と夜中のテンションで友人に報告した所『もう諦めろ……ツーツー…』……正気に戻りました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ