この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

623

つばこ

天野くん「メスブタよ。しばらくの間、涼太を見張れ。あのバカ、なかなか望月と接触したことを報告しやがらない。これは寝返ったかもしれん。必要であれば制裁しても構わないぜ」
メスブタ「かしこまりました。当然の措置ですね。もしご主人様を裏切るような愚か者であれば、私の手で処刑いたします。男性器をもいでしまいましょう」
 
実は天野くん、こっそり上記のような会話をメスブタちゃんと交わしており、涼太くんのことを尾行させていたようです。
付き合いの長い幼馴染なのに、大切な親友なのに、天野くんはイマイチ涼太くんを信用していないところがありますね。
たぶん、女癖が悪いからだろうなぁ…( ゚д゚)
「あのパコ野郎はいつか妹たちを口説くかもしれない」とでも考えているのかもしれないなぁ……。
 
そんなこんなで次回に続きます!
いつも応援やコメント、本当にありがとうございます!(*´∀`)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ