この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

115

千穐こけら

「うわあ……大変なことになってんぞ、おい歩!」
「…何を言っておるか、黜よ」
「げ。まさかおまえ、ここにまで」
「ふははは! 歩の自我は我が深部で寝ておるわ。久しいのう、黜よ」
「久しいのは久しいがよ。てかおまえ、あの登場はねえだろ」
「あの登場? ああ、あの小物の膝に足を乗せた場面か。どこか問題があるかえ?」
「おまえな……作者が喜ぶだろ! それでなくてもあいつは最初から王則贔屓だからな」
「苦しゅうない。こけら、いつでも我が前に頭を垂れるがよい」
「来週が思いやられる……いやな予感がする!」
「来週も暴れてやるからの。楽しみにしておれ愚民ども!」
「すみません。あの、こいつ昔王様やってて、今もその癖が抜けてねえみたいなんで。ホント皆さん、すみません」
「何をペコペコしておるか!」
「しかも麻姑仙VS知漉バトルまっさかりなのに、ホントすみません。……ああもう早く戻ってきてくれ歩―!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ