この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

928

餅月望

こんにちは、餅月です。
ようやく到達、三十話。これも皆さんの応援のおかげです。いつもありがとうございます。
ところで、今回の話、どこに一番頭を使ったかお分かりいただけるだろうか……。
そういうまでもなく、確率がどうした、とかいう話ですな。高校生とかの方も読んでいるかもしれないと思い、頑張りました。たぶん合ってる……はず。
いえ、誤解のないように言っておきたいのですが、私は数学苦手じゃない、否、苦手じゃなかった……、現役高校生時代は。テストで百点取ったことだってあるんですよ!(その前の中間試験で29点、赤点ぎりぎりだったから、焦って頑張ったのです。頑張ればなんとかなるもんなのです)
しかし、さすがに十年以上使わないとさび付くもので、などと伏線を張っておけば、間違っていた時にも許してもらえるはず。許して!
以上、あとがきという名の言い訳でした。
では、また次回、お会いできると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ