この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

916

餅月望

こんにちは、餅月です。いつも応援、コメントありがとうございます。
ということで、第四十話でした。
引っ越す前に誓った友情、しかし、引っ越してしばらくすると疎遠になってしまったり。
あれだけ輝いていた子供のころの楽しい思い出が、永遠だと思えた一瞬が、だんだんと色あせていき、ついには忙しい日常に塗り替わってしまう。とても切なく寂しい、だけどありふれたこと。
皆さんにはそんな経験あるでしょうか? ちなみに私にはあります。一度、二度は遊びに行ったり、遊びに来たりをしても、結局は連絡を取らなくなってしまう。スマホはおろか、携帯電話さえない時代のお話です。
あの子は今、元気にやってるのかな……。
さておき、重要そうなアイテムも出てきましたね。果たして、信二の手紙には何が書かれているのか……?
それでは、また次回更新にてお会いできれば嬉しいです。
寒い日が続きますがお体に気を付けて。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ