この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

947

餅月望

いつも応援ありがとうございます。餅月です。
この物語も四十一話になり、ようやく舞夜の愛の告白がありました。遅いですね!
やっとか、って感じですが、まぁ、この二人ならそれもしょうがないかな、って。しかも、愛の告白の後なにもしないという……、全年齢向け安心な月虹クォリティw
真面目に解説するなら、舞夜さんは契約とか儀式とかを結構重んじるタイプなので、婚儀を済ますまでは純潔を守り通すという割としっかりとした価値観を持ってるわけですね。えっ? 進夢? ええ、ただのヘタレですw
そして、ここで進夢が見た夢の原因(の一部)が語られます。実際に舞夜に刺された記憶が、疑惑の心と結びついて夢になって出た、というような解釈でしょうか。ただし、夢というのは複数の記憶が混じるもの、もしかしたら、ほかの何らかの記憶が影響しているのやも……。
ということで、また次回更新にてお会いできれば嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ