この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

364

著:ノソラ 絵:ウカミ ウナ

憧れであり、友達であり、家族のようでもあり、負い目を感じている相手でもあり…普通の友人とは違う執着してしまう存在。
それは「変」だと分かっていながら。
……
柊がずっと一人で抱えていたものを、さっちゃんにやっと話すことができました。
登場人物の中で実はさっちゃんが一番大人で、強くて、イケメンなんじゃないの?…と最近思っています。笑

30話からの時間軸を整理しますと

30話
(夏休み*柊&さっちゃん映画デート)
→35・36・37話
(夏休み*柊、腹から変な声聞こえる・ユキへ話す決心)
→31・32・33・34話
(二学期*ユキと樹貴に腹から変な声が聞こえることのみ伝わる)
→38話へ続く

という順番です。

次回38話は、二学期。
34話の柊と樹貴が秋重のもとへ向かうお話のつづきからになります。
次回もどうかよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ