この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

621

クスノキ シュウ

ステラ「ねぇ、どこをもぎ取られると思った? 特に男子諸君、ねぇ? あ、ちょ――!」
 すみませんクスノキです。ステラちゃんにはご退場いただきました。
 というわけで、今回は番外編となりました。時系列的に言うと、ステラの認定試験の少し前くらいです。
 本当は前編と後編の二部で構成したかったのですが、色々と削りに削って一話に収まりました(ヤンキー時代のステラちゃんVSリラさんとかものすごく書きたかった)。
 それでも普段の1.5倍くらいのボリュームです。ごめんなさい。 
 さて、次回6月分からは本編に戻って第三章へ。
 第二章のシリアスはどこへやら、きっとこの番外編以上にかる~くお読みいただけると思います。
 ようやく「あの人」の「あんな姿」がお披露目できると思うと、クスノキ、いまからニヤニヤが止まりません。
 乞うご期待。それでは。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ