この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

212

きっき

大学の学園祭に行ってきました。そこで酷い目に遭いました。
カジノをやれるブースがあって、僕はお金をカジノ専用の札に替えて、いざ出陣。初めの頃は楽しかったです。しかし、段々とお金が減り、あと一回賭けたら終わりという状況に。僕はそこで黒ひげ危機一髪を選びました。ルールはディーラーと僕が交互で刺していき、先に黒ひげを飛ばした方が勝ちというもの。
ゲームが始まりました。持っているお札はこの一枚。勝たなければ終わる。緊張が走りました。ディーラーの方が「それでは先行でいかせていただきますね」とプスリ。その瞬間黒ひげがはじけ飛んだのです。黒ひげのいない樽を見つめる僕とディーラー。あまりの早さに呆気にとられて、状況が理解出来ませんでした。僕の後ろでは友人三人が爆笑、ディーラーは「すみませんでした」と平謝り、周りにいた人達は見学しにくる。なにの辱めを受けているのだと思いました。逃げるように帰ってきました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ