この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

284

冬瀬穂琉

冬瀬穗琉です。
ここら辺から、散らばっていた伏線とかちょっとずつ回収するつもりですー。
そんなのあったっけ?とかなるかもですが、ご容赦くださいませ。
もうね、私自身が忘れてることもありそうですよ。だから最近、過去の話を見直すことも多いです――って、作者としてどうなんだそれ!(一人ダメ出し)
では、今週もありがとうございます!!
来週もよろしくねっ(^_^)/

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ