この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

428

月城クロガネ

第九回 解説クロガネbot 医療その壱
 ほい、簡単に言うと「人工細胞」の発達により移植の拒否反応とかなくなって傷跡とか皮膚の再生は早い世界です、本人の細胞の情報を記憶させ馴染ませたナノ細胞は本物と見分けがつかず、そのまま再生しちゃいます。
 義手も脳への電気信号等を誤魔化して本来の腕のような感覚で動かせるけど「本来の腕」ではないので力加減が難しいのです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ