この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

360

月城クロガネ

第十六回 解説クロガネbot Inductance.Blood(インダクタンス・ブラッド)略称I.B液
 作中では当たり前に使われすぎてて名前すら出てこない、それがI.B液。
 サイボーグや無人機を動かすための機械用血液のようなもので、電気信号によって液体を操作(膨張したり縮小したり)して各関節シリンダーを動かしたり、ジェネレーターからの電力ケーブルの役割も果たしたりと、機械の小型化に役立つ特殊な機械油です、少量ですが蓄電も出来ます。
 I.B液の誕生でジェネレーターを動かす初動電力さえあれば永久に動くと言われたが、この機械油は使用するほど劣化していき交換する必要がある。血液で言うところの肝臓の役割を果たす技術もあるが、あくまでも使用時間を延ばす程度で、二ヶ月は安全期間、二ヶ月~三ヶ月交換期間、三ヶ月以降は危険域となり破損の原因にもなります。
 戦闘人形にも使われ、定期的に交換しています。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ