この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

356

月城クロガネ

・次回、最終回
第四十六回 クロガネ解説bot 『禁忌(オーバーテクノロジー)・人造武神(キメラ)』
・際限なく戦える兵士を作る為に生まれた人体強化システム、キメラと呼ばれる融合技術の一つ
・生物と機械を融合させる技術があり、当時は人体の細胞が完全に別物と化し、様々な物質と融合する性質から成功すれば一騎当千の化け物が出来上がる、しかしそれは使用者の精神を崩壊させ、検体は無事である事が稀である。
・サイボーグ、オプティマイズヒューマン、電脳技術、武人機、ファントムメモリー等は全てキメラ技術を「確実に」成功させるためのプロセスであり、現在のラウラの技術は禁忌を扱うための基盤を作り出し、運用する事に成功している。
・昔のアシェの身体はキメラの成功例だがグノーシスに所属していたのでフィクサー以外には特殊な適性を持つ体として時にラウラの「武人機」、時にクロードの「戦闘人形」の開発を速めた。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ