この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

297

化野きつね

前略、読者様。
 
 
 弁士ちゃんはこんなこと言ってますがChapter1来週でほんとに終わるんじゃろかいと一抹の不安を覚えております、八柳です。
 いやいや、名残惜しくても終わらせねばならぬですよ。次なるChapter2のために。
 なにせ先週ようやく向島を飛び出して浅草に足を踏み出した探偵一味ではありますが、向島と浅草だけが東京ではございません。 
 つまりはそういうことなんです。
 
 さらに申しますと東京に住んでいるのは探偵と少女とヤクザだけではございません。
 つまりはそういうことなんです。
 ンフェフェフェフェフェwww(奇声)
 毎週物語をしたためるのが楽しみでなりません。これもひとえに皆様のお声あればと存じます。
 楽しみにしてくれる人がいるってこんなに嬉しいことなんですね……南無南無。
 
 
 次回もお付き合いいただければ幸いです。
 
 
    草々(*´ω`*)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ