この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2,489

丸井とまと

いつもありがとうございます!
こうして美空と梅は親友になっていきます。梅が大好きで、この挿絵を描いて頂いたとき二人の笑顔に癒されました。梅ルートもありなんじゃないかと思いましたが、最初から梅は美空の親友になる予定でした。*がっくんはなんだかんだ梅が大好きで、憧れていたけれど梅のようになりたいではなくて、梅の隣に立てる人になりたいと思っていました。

梅「お前、口の周りにピザまんのカスついてんぞ」美「え、嘘!」梅「あはは、ばーか」美「うわ、本当だ!」梅「本当女子力ねーよな」美「うるさいなぁ!余計なお世話」梅「けど、そのままのお前の方が一緒にいておもしれーな」美「あ、向こうにみんないるよ!行こ」梅「おー(馨がすげー不機嫌そうにこっち見てんな)おい、美空」美「っ頭くしゃくしゃしないでよ!」梅「これくらいいーだろ」美「?」

次回
『きっとまた』
本当の最終回です。挿絵つきです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ