この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7,540

naaya

ここまでお読みくださり、ありがとうございます(*^^)
 
今回はひたすらニヨニヨしながら書きました。
(その姿を人に見られずに書くというのは、なかなか難しいものでしたが……笑)
画面の向こうの皆さんの口角を上げることが、もはや私の使命のような気がしてきました。
最初からびっくりしてスマホを投げなかったかだけ、心配ではあります。大丈夫でしたか?笑
深雪は、やられたらやり返す強気の姿勢があるので、千尋との応酬は書いていて大変楽しいです。
 
私が教育実習に行ったのは、もう何年も前のことなので記憶が薄れています。
実習日誌を引っ張りだしていろいろ思い出したのですが、週末、天丼を食べながら疲れて眠ってしまい、友達が大爆笑した伝説もありました。笑
 
次回は千尋の実習エピソードを混ぜて、千尋視点にてお送りします!
また楽しんでいただけたら幸いです(*^^)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ