この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8,517

naaya

ここまでお読みくださりありがとうございます(*^^)
 
いろんな意味でスマホ投げつけ回でした(^p^)
す、すみません……本当に!悪気はないんです!
もう少し、焦らさせていただきます。
ほら、障害という壁は高いほど燃えるって言うじゃないですか……。
(しかしながら書いている本人は非常に楽しんでおります。笑)
 
南帆も颯もどんどん大人になっていくなぁと思うと、最近はちょっと寂しい気がしています。
徐々に、私の手を離れていくような感じです。
それだけ長い間書かせていただいている証拠でもありますので、読者の皆さんには心から感謝しております!
最後まで、2人を見守ってくださいね(*^^)
 
さて、どのような展開になるのか、今後もぜひ楽しみにしていただけると嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ