この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,688

星野芽衣

みなさん、こんばんは、星野です。
今日はお足元がお悪い中、おすすめ、閲覧、コメントを入れてくださり、ありがとうございました。
さて、今回の作者コメントですが、珍しく真面目に書こうと思います。
それは先日のことでした。
朝起きると顎に違和感がありました。しかしおバカな星野は特に気にすることもなく一日を過ごしました。そして、星野は夜にとうとうやってしまうのです。大きなお口を開けて大好きなチャーシューを食べようと下瞬間でした。「ゴキっ」そんな音がした気がします。そうです。顎がハズレたのです。とっても痛いのに病院はもう閉まっています。くそぅ、救急車を呼ぶか。いや待て、しゃべれないぞ、救急車呼べないぞ。そして、自力でえいやっ!とハメなおしました←。結果、今でもいたいです。これどうしたらいいの。ずっと痛いんです。病院に近いうちに行こうと思います。歯科になるのかなぁ……。
来週もれっすくずー!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ