この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7,775

化野きつね

 
 
  あくがるる心はさてもやま桜
  散りなむのちや身にかへるべき
 
  散る花を惜しむ心やとどまりて
  また来む春の誰になるべき 
 
 
  それとも、梶井基次郎。
  あるいは、坂口安吾。
 
 
満開の桜の下で物思うとき、どうして人が正気でいられましょうか。
 
 
 
    こんこん
 

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ