この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2,036

前向き鯛

この物語はフィクションです。
実在の人物、団体、事件等には一切関係ありません。
そして本編同様、胸の大きさに優劣をつけるのが目的ではなく。
皆それぞれの立場では、悩みや葛藤があるという事を前提とした作品です。
どうも、前向き鯛です。
今回の番外編は、愛莉の中学時代のお話です。
私の中で、愛莉は『白雪姫』のイメージです。
『白雪姫』にも沢山のお話が出ているので、私個人の考えなのですが。
自分で望んだわけではないのに、もって生まれてしまった『美貌』が原因で殺されそうになってしまう白雪姫。
突然森の中に置き去りにされ彷徨っている時、彼女は何を思っていたのでしょう?
誰かのコンプレックスに、他人が重い軽いを判断するのは残酷な事。
しかし自分の羨むものを他人が持っていたとしても、それで相手のすべてが幸せかといえば、それも持っている本人にしかわからない事。
深い森に迷い込んだ愛莉の幸せは…

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ