この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,403

著:丸井とまと 絵:魅月羽胡

次回から新しい章です。ある人物の過去と傷の話。挿絵回はまだ先なんですが、早く公開したくてうずうず!ちなみに次から始まる章のどこかに入ります。早くみなさんに見てもらいたいなぁ

私、苦情武子。ぴちぷるな女子高生。最近私には悩みがあるの。それは……/歩「な、なんだよ」武子「なんでもないもんもんっ」隣の席の歩くんが冷たくって怖いの!可愛い顔してるのに瞳は絶対零度なの!武子凍っちゃう。武子「きゃっ(いやん、転んじゃう)」歩「っぶね」可愛い彼が男らしく転びそうな私を抱きとめてくれた…と思いきや見る見る顔が林檎みたいに真っ赤になっていく。歩「っ、見るな。…俺、女に触れるとすぐ赤くなる、から……だ、だから見んなってば!…ばか」武子「ずっきゅうん」<照れ屋な君にノックアウト>何か質問とかここでやってほしいコーナーってありますか?(反映は数話後になります)

次回
『俺だって帰りたくねぇし』
キャラメル

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ