この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,852

著:丸井とまと 絵:魅月羽胡

武子「やだもー!なにもー!あゆたん可愛すぎでござんすー!きゅんきゅん挿絵ごちそうさまでしたん!ごっふぉん!失礼、おはこんばんは。今回のコメンテーター・苦情武子です。お風呂上がりのあゆたんとかなにそれ、美味しすぎいいいいいぃいい!」

〜もしも武子とあゆたんだったら〜
歩「迎えに来た」武子「(どきどきどっきゅん!)」歩「武子」武子「あゆ、たん……っ」歩「あ、あゆたんって呼ぶなよ!」武子「ぎゃん、ごめんなさい!武子うっかり!うぅうええん」歩「な、なに泣いて……っ」武子「うおおおおん泣き止むまで傍にいてくれる?」歩「……ばか、泣いてるお前放っておけるわけねぇだろ」武子「いやんばかん!」歩「いってぇ!ちょ、叩くなよ!本気で痛い!」その痛みは武子の愛情。そう。武子の愛は無限大なの。
歩「(……ましろでよかった)」

次回
『他のやつの前では見せるなよ』
あゆたーんはまだ続きます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ