この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,496

著:丸井とまと 絵:魅月羽胡

いつもありがとうございます。ましろの過去でした。暗い話はここでひとまずおしまい。次回は再びあゆたーん!

今回王子たちがでてこなくて、甘さが足りないのでここでお願いします。
〜攻める王子たち〜
実里「優しくするくせに俺のこと見てくれないんでしょ?ねえ……強引なことしていい?」ま「えっ」潤「またバニラの匂いの石鹸つけてるね。また腕にキス、されたいのかな」ま「ええ!」和「ちげぇだろ、俺にされたいんだよな。…おい、こっち見ろよ」ま「ちょっ」歩「俺だって……っ譲りたくねぇ。……他のやつのとこ行くなよ」ま「っ!?」武蔵「顔、赤いな。熱でもあるのか?困った子だな。おでこプリーズ」ま「えっと」

次回
『一人で泣くなよ』
解説お願いします。
武子「あゆたんのかわいいくせに男らしい部分お披露目なのだぞっ!きゃっ!そんなこと言われたら武子惚れちゃうっ!いやん」歩「本当やめろ恥ずかしいから本当やめろっ!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ