この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,620

著:丸井とまと 絵:魅月羽胡

某プリンスのライブに参戦した余韻が抜け切れません(五月末現在)
〜目の前でましろが寝ていたら〜
その4
実「(あ…せんぱい寝てる。寝顔もかわいいなぁ。隣座っちゃおう)せんぱい、起きないとちゅーしちゃうよ」ま「ん……実里くん?」実「残念。起きてもしちゃうんでした」ま「え!?ちょ、なにして」実「手におはようのちゅーだよ、せんぱい。…いや?」ま「い、いやっていうか、その、あの…っ」実「そんなかわいいい反応されると、今度は〝ここ〟にしちゃうよ」ま「!?」
その5
武「へい、武蔵先輩だぞ。ん?ましろんが、寝ているだと!?(ふむ…いい子いい子してみるか)」ま「……」武「(次はほっぺをつねる!…起きないぞ。よし、最終手段だ!)ねんねぇえええころりぃいやぁああフゥ!」ま「っ!?な、なにしてるんですか!?」武「あ、間違えた。子守唄だった。てへっ」ま「…」

次回
『甘くて刺激的な夏祭り』
挿絵回です!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ