この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

914

door

2秒間考え、水は温度で体積が変わる事を思い出しました。温度が高ければ、低い時よりも、同じ体積の下では軽くなります。
しかし、確かに液体のままなら熱湯は上に、冷水は下に行くでしょうが、今回はシャンプーの容器に入れています。容器の密度は水より大きいです。しかも、いくら熱湯とはいえ、お風呂のお湯との温度差はせいぜい20℃です。温度だけで沈む原因になるでしょうか?
<真相>
真面目に考えて下さった方には申し訳ないほどバカバカしい真相でした。蛇口から熱湯を注いだ分、跳ね返るお湯の熱さで無意識に一杯になる前に蛇口から容器を放していたのです。その為、他の二つよりもかなり軽くなっていたのです。浮くのは当たり前です。今度は熱湯を完全に入れて実験しました。普通に沈みました〈笑〉
<結論>
熱湯でも沈むことから、お風呂で出せる程度の温度差では結局沈んでしまうことがわかりました。
そして、私は結構アホでした。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

関連お知らせ