この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

655

door

次回はお待ちかねの犯人発表。
四ヶ月以上続いたこの話も、いよいよ終盤に入ってきました。
限られた容疑者の中から犯人を指摘する典型的なフーダニット問題。本格推理小説の王道中の王道です。
難易度は前回のファイルよりも低いと思うのですが、推理小説の場合、作者の想定する難易度と読者の感じる難易度が異なることはよくあることなので、一概には言えません。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

関連お知らせ