この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,328

Ten

■今日のコラム
「首を切ったら死ぬかなと思った」
「一緒にいた少年に自分の代わりに、
やってほしい気持ちと止めてほしい気持ちがあった」
これは記憶に新しい事件「中1殺害事件」のリーダー格である少年が
被告人質問で語った事件当時の心境です。
 
これ以上は危険だと分かっていても
引くに引けず最悪のトリガーを引いてしまう。
残酷な事件は、誰かがセーフティ装置になっていれば
防げた可能性があると専門家は指摘します。
 
もし、目の前で事件が起きようとしていたら、
あなたは、その時――どうしますか?
 
■次回予告
少年死刑囚69は、
次回から鶫(つぐみ)の過去編に突入致します。
 
胸に浮かび呟いたその名は、
明日に命を繋ぐ希望か、それとも破滅か?
受刑者番号48を背負うこととなった少女の物語、開幕です。
 
いつも、オススメやコメントありがとう御座います。
来週も宜しくお願い致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ