この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,204

Ten

■今日のコラム
懲役100万年を科せられた人類が自由を求めて戦うという作品や、
生身の死刑囚で戦争ゲームをして、
30回勝ち残った死刑囚は釈放されるという作品が、
ゲームや映画にはありますが、
旧ソ連赤軍のヨシフ・スターリンは
大戦中に刑務所収監中の受刑者を軍隊に徴兵しました。
(受刑者の中には、スターリンの政策に反対し
投獄された者も大勢含まれていました)
 
戦後、徴兵に従った受刑者達は、
政府に魂を売ったビッチ(不快な奴)と罵られ
仲間から迫害を受けたり殺害されました。
(同士討ちが起きて受刑者が減ることも、
スターリンは予測していたと言われています)
 
1000万人の自国民を殺害したとされるスターリンと、
国の為、もしくは生き延びる為に戦った受刑者――。
現実はゲームや映画、小説よりも残酷なのかもしれません。
 
いつも応援ありがとう御座います!
来週も宜しくお願い致します。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ