この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,043

子丈

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
二十三話めです。
 
当たり前の話ですが、人は自分の人生しか経験できませんよね。
でも他人の人生を追体験してみたくて、諸々の創作物ができたんじゃないかなあと思います。
他人の人生と自分の人生を見比べて「ああよかった、自分はなんて幸せなんだ」と思ったり「なんだこれは、自分はなんて不幸なんだ」と思ったり。
そうして最後には「幸せはそれぞれの感じ方」なんていうこれまた当たり前の結論に行き着くのです。
 
当たり前の事だけど、それに気がつくまでに私達、随分長い時間をかけてしまいますね。
結局、先生は誰かに「君は普通だよ」って言って欲しくて、でも言ってもらえなくて、だから他人を自分と同じ目にあわせて「ねえ、これって普通のことだよね」って言いたかったんです。叶いませんでしたが。
「自分がされたことは他人にしてもいい」派は多いみたいですね。
  
また来週。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ