この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,501

子丈

ここまで読んで下さり、ありがとうございます。
表紙で暗かった空も、今回の挿絵でキレイに晴れました。
 
性産業の濁りはいつでも貴方の傍に。
でもそういうところも全部知った上でそれでも「うまれてきてよかった」って言えるようになれたら、いいですね。
 
今作もたくさんの方に助けていただきました。
担当さん、イラストレーターさん、編集さん、そして今までお付き合いしていただいた読者のみなさん。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。
 
お話はこれで終わりですが、主人公の二人はこれからも戸惑いながら生きていくんだと思います。
 
どんなふうに生まれても。
なにをされても。
生きていくしかないのなら、願う事はひとつです。
 
 
誰かに、傍にいてほしい。
 
 
濁った海でも、誰かと一緒なら泳ぐ事が出来るって信じていたいです。
ありがとうございました。
 
  
子丈(シジョウ)

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ

45