この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

342

保谷東

今さらですけどこの話、みんなが幸せになるのは無理なんですよね・・・
ともあれ、完結に向けてひとつの山を越えてホッとしています。
木暮さんがオイをほっとくと、何か悪いほうへ転がるわけですけど、それもまた完結への道筋です(笑)
一方で僕は、多くの方々が最初から読み返してくださっているようで、辻褄が合わないとことか出てこないかツッコミが入らないかと気が気ではないです・・・

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ