この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

459

木村成寿

★いつもお読みくださいまして、ありがとうございます。珍しく登場人物が二人だけで終わってしまうという展開でしたが、次回は少し賑やかになります。
★鈴乃の可愛さ、たまらないですよね。ワガママな部分もあるけどベッタリ甘えてくるというのは、卑怯だとつくづく思います(笑)
★光治は、不思議ながらも、どこか惹かれてしまう魅力が伝わればなぁと思いながら、登場させています。
★この時季の寒さは冷たくて痛くもありますが、いろんな温かさを強く感じられるので大好きです。陽が昇る前の早朝の散歩は、とくに気持ちが良く、今日も頑張ろうとエネルギーが湧いてきます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ