この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8,706

黒川ジジ

雨宮家にはあめみーの賞状が1枚もないのですが、両親は両親で、あめみーのもらった賞状をちゃんと飾ろうとしました。しかしあめみーが断ったのです。
 
母「嶺の賞状も飾りましょうよ」
あめみー「いいよ。どうせ大した賞状ないし…」
父「そんなことないぞ!お、これなんてどうだ?【○○中学校 早口言葉大会第1位 雨宮嶺殿】」
あめみー「……(微笑)」
母「いいじゃない!飾りましょう!」
あめみー「(燃やすか…。飾られる前に)」
※結局、タイムカプセルの中に隠しました。
 
 
閲覧いただきありがとうございます!若き日のあめみーにもう少し付き合っていただけたら幸いです。
黒川

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ