この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3,586

緒方あきら

今週も電子の海のコックリさんを読んでくださいまして、ありがとうございます。
・・・
夜の学校というのはとても怖いですよね。いつもなら明かりのついている教室や職員室まで全部真っ暗で、昼間は生徒の元気な声や先生の怒鳴り声で溢れているのに、しんと静まり返っています。
本当に怖い、けれど不思議と魅力的な場所でもあります。
いつもより広く感じる廊下。月明かりが差し込む沢山の窓。非常灯に照らされて、赤や緑に彩られた、見慣れたはずなのに初めて見るような気がしてしまう風景。
通いなれたはずの教室の扉を開けば、そこには未知の世界は広がっているかもしれません。
……なんでこんなに詳しいかと言えば、たんに給食費を学校に忘れて夜に取りに行ったことがあるからです。いやあ、幻想的な光景でそれはもう……超怖かったです……。
・・・
物語も最終盤。今週もここまで読んでくださいましてありがとうございました。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ