この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,019

歩子

いつもありがとうございます。
次回は過去と現代を比較しながら、
ふたりの気持ちをすこしずつ暴いております。
どうか来週もご覧くださると嬉しいです。
  
小・中学生の頃は下駄箱にラブレターとか、待ち合わせ場所に数時間待ちぼうけ、友達の家に電話するドキドキとかあったのですが(その家のお父さんが出たときは本当に緊張してました)、高校生になって携帯を持ち始めると、便利すぎて手放せなくなってしまいました。携帯小説にハマったのもそのころです。
今ではスマホが私にとって必需品です。
未来ではどうなっているんでしょう。脳内にスマホみたいなものを埋め込んで、テレパシー? など考えると、わくわくします。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ