この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

610

歩子

いつもありがとうございます。
次回は、最後のふたりの会話が何の事だかわかります。
そして空き家にとって悲しい出来事と嬉しい出来事があります。
次回も読んでくださると嬉しいです。
 
私の実家はたいへんな田舎なので、
家に鍵をするという風習がありませんでした。
(鍵自体が家についていませんでした)
特に不便も問題もありませんでしたが、今思うと恐ろしいです。
その癖で、今でも鍵を掛け忘れそうになります。
戸締りは、大切ですね…!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ