この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

493

山口誠

呪術って、響きを含めて魅力的ですよね。
昔話に、鬼の名前を当てられるかどうかで命を取られるかそうでないか、みたいな話があります。
同じように悪魔も名前を知ることで使役ができるといいます。
そう考えると、名前、つまりある種の「ラベリング」というのは、それ自体が『呪い』なんだろうなと思います。
「名は体を表す」なんて言いますが、そう考えると逆で、体を成す前に親に名前という呪いをかけられているというわけですね。
呪いと言うとネガティブですが、それは想いであったり、祈りであったり……。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ