この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

203

クスノキシュウ

クスノキです!
先日、長らく欲しい欲しいと思っていた某音声読み上げソフトを買いました!
自分で書いた小説を音読してもらえるなんて、素敵な話ですよね。嬉しいと同時に小っ恥ずかしいですけども。
しかしそれをPCにインストールするためのDVDドライブを持ってなかった(実家に忘れてきた)ため取説を読むことしかできないというのがこの話のオチ。悔しい。
 
さて、クスノキのPC事情は置いておいて。
本編では雰囲気も一転していきなり物騒な感じになってしまいました。
と、言いますか、ここからがスパート入るところなので、今後も多分こんな感じになるような気がします。
さらば平穏、ようこそシリアス。クスノキはこの雰囲気嫌いじゃないよ!
 
では次週。
アヤノちゃんに対しアリストくんが取った行動とは?
乞うご期待。それでは!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ