この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

303

クスノキシュウ

クスノキです!
もともと短めのお話の予定でしたがぎゅぎゅっと短縮して当初の半分くらいになってしまいました。
まぁ、それでもなんとか(本当になんとか)当初想定していたオチにまで持っていけたので完と言えば完なのかなと。ファンタジーの魅力を伝えるのは難しい!悔しい!
 
今回のお話は、『デウス・エクス・マキナ』という言葉を知ったことをきっかけに生まれました(その『デウス・エクス・マキナ』は文明を再構築させるというとんでもない機構のことでしたが)。
それから、本来の意味を調べるうちに、とある哲学者ことアリストテレスに結びつきました。
アリストテレスについて序盤から鋭い考察コメントを頂いていたのは嬉しかったです。
 
次回は……うーん、どうなるかな。あるのかな。もしかしたらまた懲りずにファンタジーを書くかもしれませんが、機会があればお会いしましょう!
それでは!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ

8