この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

300

クスノキシュウ

KAWAII is JUSTICE. 古事記にもそう書いてある。
そんなわけで、どうもクスノキです!
あんまりジャスティスジャスティス言っているとそのうちイェエエイとか言い出したくなりそうな上いろんな方面から叱られそうなのでこの辺で。
 
さて今回立ち寄った喫茶店の店員さん、この作品においては完全なモブなんですけどなぜか顔立ちやスタイル等のイメージが浮かんできてしまった方……いらっしゃったら嬉しいかなー、なんて。まま、この話もこの辺で。
 
先日、またこの場で新作を連載することになった旨を母校の担任の先生へお伝えしたところ、「特別講義の講師として何か話してくれないか」と誘われました。どうあがいても「美人をかっこよく書けばクスノキが喜ぶ」というネタで盛り上がる未来しか見えないぞ?
 
では次回!
ふたりのデーt……買い物がこのまますんなり終わると良いんですけど……。
乞うご期待。それでは!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ