この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,990

星乃くらげ

こんばんは。星乃くらげです。
いまこの原稿を深夜のマクドナルドで描いています。
左斜め向かいの方の席で、カップルがひとつの毛布にくるまって、肩を寄せ合って寝ています。雪山で遭難したかのようです。
まあ、寒いですからね。
暖かい毛布は、深夜のマックには必須アイテムなのでしょう。
でもなぜでしょう?
彼らを見ていると、雪山で遭難して凍えそうなのは、私のような気がしてきます。
 
「パ○ラッシュ、なんだかとても寒いんだ……」
 
天使のお迎えが来る前に、どうか私にも暖かい毛布を!
救助隊さん、助けに来てぇ~!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ