この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

17,842

朝貴

いつも応援を誠にありがとうございます!
お蔭様で100話を迎えました。
夢かとも思ったのですが、どうやら違うようです。
皆様の優しさや熱量には、どれ程の感謝の言葉でも足りません。
コメントなども毎度有難く拝見しておりますが、その中に「趣味なんですか?」という質問がありました。
(小説を書くのは)趣味なのか?という意味だと思うのですが、元々は趣味です。
それはもう、ひっそりこっそり。どこにも公開せず、ただ自分が楽しむだけの日記に近い感覚でした。
今は公式化され、例えば締切までに仕上げるとか、ある種の制約がありますので、若干ビジネスに分類されたところがありますが、基本的に「好きなものを書く」という意識に変わりはありません。
なので趣味の延長線上にある拙作に、これだけの読者様がいるというのは、目ん玉飛び出るくらい稀有なことだと思っています。
今後も温かい応援をいただけましたら嬉しいです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ