この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8,829

朝貴

いつも閲覧・オススメ・コメント・お気に入りを誠にありがとうございます!
寒いのか暑いのかもうはっきりしてくれ、みたいな気温になっていますね。皆様お風邪など召されませんよう。
さて、私的、今話のポイントは、瑞希が総一朗の背広の裾を掴んだところになるのですが、皆様にはいかがでしょうか。
本来持つ性質、環境や経験により裏打ちされた性格・言動は恐らく簡単には変えることが難しく、「アネゴ肌」とか「末っ子気質」とかいう言われ方をする裏には、そういう意味合いがあると思います。
無論それは瑞希も例外ではなく、時には「ああもう何でさっさとそうしないの!」みたいな、やきもきする言動も多く、いらぬストレスを抱えた方もいらっしゃったかと。。
でも総一朗の頑張りにより、ミリ単位で今話の瑞希に繋がったかと思うと感慨深いですね。
嬉しい気持ちで、次話より再び回想に入ります。お楽しみいただければ幸い!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ