この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5,229

朝貴

いつも閲覧を誠にありがとうございます!
私は普段から極力、前向きな言葉を選ぶようにしているのですが、どんなに美しい色彩でも黒色の前では鮮やかさを保てないように、悪意を持って放たれた言葉はその前向きさを呑み込んでしまうのだと、目に見えて理解できるような出来事がありました。この複雑な感情を、もう少し落とし込めたら、いつか文章で表現してみたいと思います。
さて、水戸と椎名にとっての岐路。分岐。
しかし、もう道を定めているところが、二人はよく似ていると思います。
個人的には、水戸が椎名の育った過程、今現在を見て、それならば「人を育てることもできる」と言ったところが、我ながら気に入っています。育てる、ということの難しさ、厳しさ、途方もなさ、だからこその楽しさには、他に例えることができない無二を感じます。
では、続きます!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ