この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

17,745

朝貴

いつも閲覧を誠にありがとうございます!
この甘ったるいデート編を真顔で執筆している時に何とも言えない感覚になります(笑)
需要はないと思いますが、ちょっとした小話を。
付き合い柄、友人知人は多いのですが、その中で私が小説を書いていることを知っているのは片手で数えられるくらいの人しかいません。だからか皆さん、カミングアウトすると、とんでもない驚愕顔になるのですが、割とよく聞かれるのが「何で作家名が『朝貴』なのか」。
(その時の私:え、そんなん興味あるの?)
正直深い意味はなくて、漢字の形として美しいと思うからなのですが、強いてそれっぽい理由を上げるなら、どんなことがあっても必ず朝がやって来て新しい一日を迎える、その不変さが貴いと思うからです。
低血圧なので朝は猛烈に苦手ですが、どうせなら前向きなものに魅力を感じる人間でいたいのです。
では、引き続き温かく見守っていただけると嬉しいです!

この作品が気に入ったら読者になろう!

関連お知らせ