この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1,260

山崎つかさ

86話目です!
ここまでお読みくださり、ありがとうございます!
海春の成長が感じられる回でした。
作中に出てきたレインの台詞『おまえでなければ~』は7話にございまして、あのお話を掲載していただいたときから1年以上が経ったのだなあとしみじみしております。
次回は、最終決戦をまえにナレシュと海春がふたりで話す回で、サフィヤがじつはセラフィナの王子だったということが判明します…!
次回予告――最終決戦前夜、ナレシュがひとりで海春の部屋を訪ねる。ナレシュは、サフィヤとレインが印章を二分していた理由がわかると言い、じつはサフィヤは先王とラザラスの商人の娘との子で、セラフィナの直系王族であり、自分たちの異母兄弟であると説明して――!?
次回、驚きの事実が発覚します!
いつもたくさんの応援、コメントありがとうございます。
続きもよろしくお願いします!

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

関連お知らせ